土屋工業 ホームへ

豊かな緑の山々と清らかなオホーツクの海に抱かれた網走において、私たち土屋工業株式会社は昭和32年の創業以来半世紀という時の流れを地域の皆様と共に過ごしてまいりました。

これまでの歩みは、地域の皆様の暖かいご指導ご支援により事業を続けさせていただけたこと、また優れた従業員に恵まれたことにあります。
このことが当社の発展につながり、現在では大きな財産へとなっております。ここにこれまで支えていただいた多くの方々に感謝しお礼申し上げます。

これからの建設業は「自然との調和」を抜きには進むことはできず、『建設業=自然との共存』の時代へとなっていくものと確信しています。
私たちは「人と自然が調和した美しい豊かな郷土作りに貢献する」というテーマのもと、建設業を通じて地域社会に積極的に参加していきたいと思っております。

今後の経済の先行きは不透明であり、企業を取り巻く情勢は日々厳しさを増していますが、それに臆することなく私たちは全てにおいてスピードアップとコンプライアンスを意識し、常に自己体質の改善を行い、何事にも意欲的に挑戦する強い意思を持つことで、激しい時代の荒波を乗り越えてまいります。
また、社内においては新しい時代に対応できる従業員の意識づくりを推し進めていきますので一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

土屋工業株式会社      
取締役社長 土屋善治郎

このページのトップへ

© Tutiyakougyou Corporation